よむ

吉田製麺・吉田さんの製麺工場OPEN&工場見学試食会開催!

『高崎で暮らす』に登場していただいた方のその後をお届け!
今回ご紹介するのは、"パスタのまち高崎"を支える製麺家 吉田幸二さんのニュースです

2019.02.22

"パスタのまち高崎”を支える、吉田さんのパスタ麺。取材時には「いずれ高崎のまちに、身近に感じられる製麺工場をつくりたい」と伺っておりました!

吉田製麺 製麺工場OPEN!

高崎の魅力を発見・発信したいという想いから、高崎のパスタ文化を下支えする「製麺」に挑戦し始めた吉田さん。昨年10月の取材では、オリジナルの生麺開発に加え「高崎のまちに製麺工場をつくりたい」とお話しいただきました。

⇒ 取材記事 『高崎の生パスタ職人 素直な暮らしから見えた、街の魅力を語る』

吉田さんのつくる生麺『ジャパスタリア』は“高崎市唯一”の地元小麦で作られるパスタ麺。小麦『きぬの波』でつくられた美味しさと地域性が話題となり、市内・市外を問わず『ジャパスタリア』を提供する飲食店は増えています。最近では都内の飲食店でも取り扱いが始まったと話す吉田さん。“パスタのまち”と呼ばれる高崎の、新たな食の魅力づくりに貢献しています。

高崎を代表するパスタ麺として、着実に成長を続けている『ジャパスタリア』。この度OPENした製麺工場がまちの名所となる日も近いのかもしれません!

吉田さん、製麺工場の設立おめでとうございます!

高崎の畑で豊かに実った小麦が、まちの製麺工場で加工され、市内の飲食店で味わうことができる……本来あるべき美しい循環が実現しました

前回の試食会の様子(ジャパスタリアHPより)
会場は高崎市連雀町のお洒落なレストラン『Gru Cafe&Restaurant』にて!

新工場お披露目&試食会 in Gru

3月21日 『ジャパスタリア』新工場のお披露目会と試食会が開催されます。場所は高崎市連雀町のレストラン『Gru』、「どなたでもご参加ください」と吉田さんからのメッセージをいただきました。まだ『ジャパスタリア』を食べたことのない方や、これからの”高崎パスタ”へ熱い想いのある方……ぜひ足を運んでみてください。私たちの暮らす地域で作られるパスタが一層美味しくなること間違いなしのイベントとなっています。

見学会&試食会のご予約はFBにて募集中、お越しの際は「参加希望」のボタンでお知らせください(ページ下部にリンク有)。

新工場が完成しましたね!高崎市鞘町という“まちなか”地域ということもあり、多くの方が『ジャパスタリア』に触れる機会が増えたかと思います。

工場の方では生パスタを買えるのでしょうか?

小売商品は、工場の近くにある『フレッシュベジタカ』にて販売しています。徐々にネットでの販売も検討していますが……今のところ、卸売のみです。
同業の方や飲食関係者の皆さん、工場見学受付中ですので、お気軽にお声がけ下さい♪

まちの農産物直売所『フレッシュベジタカ』は朝9時半から夕方の18時半まで!水曜日はおやすみなので、確認してから買い物に行ってみてくださいね。

それにしても、高崎のまちで”出来たて”のもちもち生パスタ……このまちの歴史がまた一つ前進したという実感を噛みしめています(おいしい)

▽新工場の場所はこちら

〒370-0827  群馬県高崎市鞘町20-1 鞘町ビル1-D

 

吉田製麺・吉田さんの製麺工場OPEN&工場見学試食会開催! の記事をシェア!

この記事に関連するメンバー

西 涼子

どうも、こんにちは。編集長の西です。
地域を盛り上げる力は市民から!ということで、
イチ高崎市民の目線から、高崎市の魅力を発信していきます。

一言:一周年記念でアイコンを変えました。似てるのは眼鏡だけかもしれません。
   最近は親知らずを5本抜いたせいで「食」の楽しみがなく
   ぼけーっとしております……え、皆さんには親知らず5本ないんですか?!

この記事が気になったら
いいね!

「暮らし方のセレクトショップ」をテーマに"高崎でくらす"